敬老の日とは?意味や由来を子供に解りやすく伝えるには

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

もうすぐ「敬老の日」ですね(*^^*)

皆さんどのように過ごされますか?

おじいちゃんおばあちゃんが遠方にお住まいの方もいらっしゃると思いますし、

逆にすぐ近くに、もしくは一緒にお住まいの方もいらっしゃると思います。

我が家の場合は、主人の両親は近くに

私の両親は遠方に住んでいますので、

敬老の日は、主人の両親と一緒にすごし、

遠方の私の両親には孫からテレビ電話?をしています(笑)

今日は、敬老の日の意味や由来を子供たちに「私が伝える方法」をご紹介しますね(*^^*)

子供に説明するときに、パパやママが知っていないと上手く説明できませんよね。

まずはパパやママも由来や意味を再確認してみてくださいね(*^^*)

スポンサーリンク

敬老の日にはどんな意味があるの?

国民の祝日に関する法律によれば

多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う

ことが趣旨とされています。

普段からお世話になっているご年配の方々に敬意をもって感謝を伝える日だと私は思っています(*^^*)

敬老の日の由来は?

敬老の日の由来は実際に制定されるまでの経緯の他にも

こんな説があるよ

って言うものもあります(*^^*)

村主催の「敬老会」からの始まり

こちらが現実的な「敬老の日」が制定されるまでの経緯になると思います。

1947年(昭和22年)9月15日に兵庫県多可郡野間谷村の門脇政夫村長が、

老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう

という趣旨で「敬老会」を開催したのがきっかけとされています。

ちなみになぜ9月15日かというと、この時期はちょうど農閑期(のうかんき)にあたりその時期の気候の良い9月中旬にしようということから、この日になったそうです。

※ちなみに農閑期とは農作業の暇な時期です。

その後、翌年1948年(昭和23年)には「敬老会」において9月15日を「としよりの日」として村独自の祝日とすることを提唱しました。

これには理由があったようで、同年7月に制定された「国民の祝日に関する法律」で、「子供の日」「成人の日」定められたのですが、「老人の日」が定められなかった為のようです。

子供と大人の日が祝日になったのに、「年長者を敬う日」が無かったんですね(・・;)

その後、この村長さんは県内の市町村にも祝日の制定を働きかけたそうで、どんどん賛同が広がったそうです。

1950年(昭和25年)には兵庫県が「としよりの日」を制定しちゃいました。

1951年(昭和26年)に中央社会福祉協議会(現在の全国社会福祉協議会)が

9月15日を「としよりの日」

9月15日から21日までの1週間を「としよりの日」の運動週間としたそうです。

その後

1963年(昭和38年)に老人福祉法が制定され、9月15日を「老人の日」、9月15日~21日を「老人週間」と定め、翌年の1964年から実施されました。

1966年(昭和41年)には「国民の祝日に関する法律」が改正されて晴れて「敬老の日」として国民の祝日に制定されました。これに伴い、老人福祉法でも「老人の日」から「敬老の日」に呼び名が改められました。

確かに「老人の日」って・・・。

これは私の感想ですが、

なんか自分が大好きな祖父母に「老人」って嫌かな・・・。

だって「老人」ってねぇ・・・。

「敬老の日」の方が、私は好きです。

ひとつの村の村長さんの提案から始まった事が、日本の祝日にまでなったんですね。

本当にすごいことですねヽ(・∀・)ノ

「聖徳太子」説もあり

小学校の授業で出てきた「聖徳太子

「聖徳太子」といえば、

厩戸皇子!冠位十二階や十七条憲法を作った人?

お札にも印刷されてたし、超有名人ですよね。

「敬老の日」の事で名前が出てくるとは夢にも思っていませんでした(@_@;)

593年に、

この「聖徳太子」が四天王寺を建立した際に、

施薬院・療病院・悲田院・敬田院

の四箇院を設立した日が元になっているという説もあります。

ちなみに悲田院を設立した日が9月15日で

それが9月15日にした理由ではないかとの説もあります。

この悲田院は仏教の思想に基づき、「貧しい人や孤児を救うために」作られた施設だそうです。

「養老の瀧」説は?

養老の瀧って聞いたことありますよね。

私は民話で聞きました。

確かこうです。

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

昔々、親孝行な若者がいました。

この若者は大変貧乏で日々の食料にも事欠くほどでしたが、年老いた父親のために一生懸命働いていました。

この父親は大のお酒好きでしたが、日々の食料にも事欠くのにお酒を買うお金なんてありません。それでもこの若者は父親に大好きなお酒を飲ませてあげたいと奥山に入り、薪をとっていました。

ある日、若者はいつものように薪を取りに奥山に入ったところ、足を踏み外しあっという間に谷底へ転がり落ちてしまいました!

しばらくして喉が渇き目を覚ますと、岩陰から水音が聞こえてきました。

川があると思い、若者が近づくとそこには!

見上げるほどの滝が勢いよく流れ落ちていました。

「これはありがたい」

と若者がその水を飲もうとすると、何だか水とは違うような・・・。

なんとそれは水では無く、とても美味しいお酒だったのです(゚д゚)!

「これはきっと喜ぶに違いない!!」

と若者は腰に下げたひょうたんにお酒をくみ、急いで家に帰り父親にそのひょうたんを差し出しました。

それを飲んだ父親は

「こんな美味しいお酒を飲んだ事はないぞ!!」

「どこで手に入れたんだい?」

と、若者は父親に山奥に不思議な滝があることを教えました。

この話が、天皇にも伝わり717年9月に滝を訪れ、「養老の瀧」と命名しました。

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

その伝説を参考にしたという説もあります。

スポンサーリンク

子供に解りやすく伝えるには?

敬老の日の由来はいかがでしたか?

現実的な話から、心が和むお話まで色々とあるんですね。

さて、子供たちに敬老の日について説明するにはどうしたら良いでしょうか?

子供たちの年齢にもよりますが、我が家の子供たちはまだ就学まえの幼稚園児が2人と赤ちゃんです。

年長さんの長女に私が説明するなら・・・。

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪

5月に子供の日っていう日があったよね。

こどもの日は、○○ちゃん達が元気に大きくなりますようにっていう日だったんだよね。覚えているかな?

9月には敬老の日っていう、おじいちゃんおばあちゃんの日があるんだよ。

最初はこどもの日はあったんだけど、おじいちゃんおばあちゃんの日が無かったの。

それで、ある村の村長さんが

おじいちゃんやおばあちゃんを大事にして、い~~~っぱい知っていることを教えてもらおう

って言って「お年寄りの日」という日を作ったの。

それを皆が「とても良いことだね!」と言って

じゃあ、沢山の事を「けいけん」したり「知っていることを教えてくれる」おじいちゃんやおばあちゃんを大切にしてありがとうっていう日を作ってみんなでお祝いしましょう」

って言って「敬老の日」という日ができたんだよ。

だから、敬老の日は大好きなおじいちゃんやおばあちゃんと一緒に過ごして、

いつもありがとう。いつまでも元気でいてね

って気持ちをたくさん伝えようね。

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪

と説明します(*^^*)

年少さんの次女には・・・

まだ、沢山の事を理解するには難しいですね(笑)

ですので、

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪

○○ちゃんは、おじいちゃんとおばあちゃんは好き?

大好きだよね(*^^*)

もうすぐ「敬老の日」っていう、

おじいちゃんとおばあちゃんを大切にしましょうね

っていう日があるんだよ。

その日になったら、おじいちゃんおばあちゃんに

いつもありがとう。ずっと元気でいてね

って伝えようね。

♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪

と伝えると思います(*^^*)

「敬老の日とは?意味や由来を子供に解りやすく伝えるには」のさいごに

いかがでしたか?

敬老の日の由来」調べるととっても面白かったです(*^^*)

我が家の場合は、まだ子供たちが小さいので難しいお話をしてもまだまだ理解が難しいと思います。

まずは、しっかりと「お年寄りを敬い大切にする気持ち」を伝えたいと思っています。

私自身、祖父母が大好きでしたし、ご年配の方々とお話するのがとても好きです。

仕事柄、ご年配の方々と接する機会が多かったこともありますが、本当に沢山の事を学ばせていただいています。

伝え方にも色々とあると思います。

子供たちが、ご年配の方々を自然に敬うことが出来る様に教えてあげられたら良いと思います。

素敵な「敬老の日」をお過ごしくださいね(*^^*)

ではではぁ

スポンサーリンク