子供が日焼けで発熱!処置はどうする?

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

夏になると夏休みがやってきて、海や山にお出かけが増えますね。

そんな夏のお出かけに気を気を付けなきゃいけないのが、日焼けですね。

楽しく遊んで帰ってきて、発熱!

なんてことありませんか?

実は子供ではないですが、私がなった事があります(^。^;)

調べてみると日焼けをして発熱するのは、子供にもよくあることのようです。

今日は子供が日焼けして発熱してしまった時の処置を書きたいと思いますね。

スポンサーリンク

子供が日焼けで発熱!どうしたら良いの?

私の時もそうでしたが、

日焼けして帰ってきてその夜か翌日から発熱することが多いですよね。

日焼けで発熱した場合は

  1. 体の炎症を抑える
  2. 保湿する
  3. 水分を取る

が必要です。

1.体の炎症を抑える

まずは体の炎症を抑えましょう。

日焼けをして体が火照っている状態になっていると思います。

冷やす方法は、

  • 濡らしたタオルで体を抑える
  • 冷たいシャワーなどを浴びる
  • 水風呂に入る

などがありますが。

冷たいシャワーや水風呂が効果的なんですが、熱のある子供にシャワーをかけたり水風呂に入れるのも・・・。

という事で、濡らした冷たいタオルで冷やしてあげるのが良いかなぁと思います(^。^;)

保湿する

次にダメージを受けている肌をケアしてあげましょう。

刺激の少ない化粧水などで保湿して、乳液などで皮膚を保護してあげてくださいね。

水分を補給する

日焼けをした後は、軽い脱水がおきやすいこともあるそうです。

十分な水分補給を心がけるとよいと思います。

子供は遊んでいると遊びに夢中になって、喉が渇いていたりしても忘れて遊んでいたりしますよね。

ですのでママが注意して遊んでいる最中でも、十分な水分補給を心がけると良いと思います。

日焼けで発熱はなぜおこるの?

日焼けは「日焼け」というと軽く聞こえますが、やけどです。

大抵は肌がヒリヒリする程度や、子供の肌の質によっては赤くなってしまう感じですが、ひどくなると発熱したりもっとひどい時は意識障害まで引き起こすこともあります。

お子様の様子がおかしいと思ったときはすぐに受診をしてくださいね!

熱中症の場合もありますので注意が必要です!

日焼けで発熱するときは簡単に言うと、日焼けによって免疫力が低下して体力を消耗し発熱します。

たくさん遊んでいる時点で体力を消耗していて、更に日焼けによって免疫力低下で体力を消耗して・・・。

そりゃぁ、発熱もしますよね(^。^;)

日焼けをしたらビタミンCを取るなど食べ物でも栄養を補ってあげると良いですよ(*^^*)

スポンサーリンク

「子供が日焼けで発熱!処置はどうする?」のさいごに

最初にも書きましたが、私も海に遊びに行った翌日発熱しました(^。^;)

日焼け止めもしっかり塗ったんですが、

楽しく遊んでいるうちに日焼け止めが汗や海水で取れていたのですが、

うっかりそのまま遊んでいました(^。^;)

その結果、翌日から発熱して日焼けの為、

顔の皮がまるまる1枚べろっと向けるというおバカな経験をしました(汗)

経験から言いますと、日焼けの発熱は結構辛いです(>_<)

発熱で辛い上、体中がヒリヒリして寝返りすると痛いし、

理由が日焼けなので恥ずかしいし・・・。

楽しい夏のお出かけの思い出のためにも、

日焼け止めは2時間おきや、汗などかいたらしっかり塗り直してあげてくださいね(*^^*)

海やプールの時は顔だけでなく肩や足、背中なども忘れずに!!

今年の夏も子供達と一緒に、海やプール、キャンプやピクニックを楽しみましょうね

ではではぁ

日焼け対策についてはこちらにも書いています。

あわせて読んでみてくださいね(*^^*)

赤ちゃんの日焼け対策はいつから?どんなものが良いの?
日差しが強い季節になると気になるのが赤ちゃんや子供の日焼けですね。 少し前までは、赤ちゃんに日光浴が必要と言われていましたが、 ...
スポンサーリンク